スクエアピアノ

写真のこの大きな四角いピアノ、、、その名のとおりスクエアピアノといいます。
1894年にアメリカで造られたもので、クナーベというブランドです。
そして当時新品として日本に渡ってきた数少ない、非常に珍しいものです。

その昔、山口ご出身の御仁が渡米して事業で成功し、母校の小学校に寄贈されたとか。。。
当時は莫大な金額だったはずです。
昔はそういう”大物”が結構いらしたんですね。。。

その後ご縁あってこのピアノ、50年以上も前、つまり私が生まれる前から弊社にあります。
私の成長を見守ってくれてきたピアノとも言えますね。

そして数年前、ごひいきにしてくれているお客様が買って下さり、2年近くかけて徹底的に修理しました。
ハンマーや弦はヨーロッパでオリジナルと同じものを作製し、響板まで外しての大作業でした。
外装材はローズウッドの無垢材で、塗色はお客様のご希望です。
新品の時にこういう音を奏でていたであろう、という状態にまで直っています。

ただ、お客様はまだしばらくここに置いておいて皆さんに見てもらって下さい、、、とのことなんで、弊社2階に展示してます。
120年前の楽器、これからまた100年以上生き続けるでしょう。。。

 

関連記事一覧

アーカイブ

PAGE TOP