クロイツェルピアノ

写真のクロイツェルピアノ、何か変でしょ?
そう、白鍵が外してあります、、、象牙の白鍵だったんです、、で、少し黄ばんでたんで只今「ホワイトニング中」

少し黄ばんだ状態が味があっていいとおっしゃるかたもいらっしゃいますが、まあ好き好きですね。。。
ホワイトニングこと漂白は、天気のいい日に何日もかけて行いますので、しばらくはこの状態、、、なんかピアノも裸みたいで恥ずかしいですかね(>_<)

最近クロイツェルの中古がよく入荷します、、、不思議、、、無い時はしばらく全くないのに、なんか仲間呼んでる感じです。

何度も書いたかもしれませんがクロイツェルは先代である親父が惚れ込んで永年販売してたメーカーです。
ドイツっぽい名前ですが日本製(浜松市)、、、当時の社長さんは親父と同級生でした、、、私が子供の頃よく広島にも来られてましたね、、可愛がってもらった、、、懐かしい。。。

通常、巷の買取ピアノは、その多くが輸出されていきます、、、今は中国が多いです。。。
だからほっとけばこのピアノも輸出されたんでしょうが、縁あって私が引き取りました、、、うちで直してまた日本で第二の人生(?)歩んでほしいのよ。。。

私も本籍地は浜松ですから、このピアノと同じルーツと言えなくもない、、、それにね、1980年頃の物だから、当時私はまだ学生、、、このピアノたちのおかげでご飯が食べれて学校にも行けたとも言える。。。
よしよし、、、しっかり直してあげるからな(^^♪

関連記事一覧

  1. GW

アーカイブ

PAGE TOP