もうすぐ100歳のホイリッヒ

最近ピアノの話書いてませんね、、、ピアノ屋のブログなのに、、、私の趣味趣向ネタばかりでスミマセン(>_<)

というわけでピアノネタ、、、この度入荷のFEURICH、、、創業1851年のドイツのブランドです。
このピアノ、1922年製、、、すなわち99歳。
ピアノの外観って年代関係ないように思いますが、天板がちょっと大きかったり、ペダルボックスも大きかったり、それに白鍵は象牙製、、、そこかしこにアンティーク感満載です(^^)/
好きな人にはたまらんでしょう(あまりいないでしょうけどwww)

現在もこのブランドは存続してますが、今では多くのブランドがそうですが中国資本になって生産は中国でのようです。

もちろんこのピアノはドイツ製、、、鍵盤蓋に誇らしげに「LEIPZIG」と書いてあります。

音はまさしく「昔のドイツ製のそれ」という感じ、、、どういう感じかは文章では説明難しいですが、柔らかめの音色です、、、古いドイツのピアノの音ってどれも結構似てるんです、、、各メーカー同じ方向向いてた感じですかね、、、私見ですが。

以前にオーバーホールされて、今回またきめ細かく修理調整しましたので、これから30年くらいは(使い方にもよりますが)大きな修理なしでご使用いただけるはずです。
その頃は御年130歳くらいということですね、、、でまた修理して後世に残したい、そんな楽器です、、、その時はもう私の仕事じゃないですね、残念ながら(ToT)/~~~

おっと言い忘れてましたが価格は110万円(税別)です、、、そうそう今月から税込み表示しなくちゃいけないんですね、121万円。
お好きな人には安いはず、、、

すみませんね、結局今日も私の趣味趣向の話でした(^^♪

関連記事一覧

アーカイブ

PAGE TOP